« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

雨漏り

今日は雨。
外出先から帰ったら、
机の上に茶色い汁が飛び散っていてびっくり!
「なんじゃ、こりゃ〜 Σ( ゜Д゜)!」
紅茶かコーヒーを上からバシャッとこぼした感じ。
机の上には本や資料、パソコン、
ハードディスクなど大事な物が置いてあり、
それらも茶色く濡れている! (@Д@;

なんだかわからないまま
大慌てでティッシュで拭きながら辺りを見回すと、
窓周辺がビシャビシャなことに気がついた。
これはもしかして、雨漏り? ( ̄○ ̄;)

どうやら、なんらかの理由で
家の内部に入り込んだ雨が、壁の内側を伝って
窓枠を止めているビス穴から吹き出て来たらしい。
たまたま、机を窓に面して置いていたため、
被害にあってしまった。
パソコン、ハードディスク、キーボード、マウスなど
精密機器関係が無事動作したのは不幸中の幸い。
本当に安堵した。

不動産屋に連絡したが、
すぐに対処してくれるかどうか・・・
雨にビクビクする日がしばらく続きそうです (。>0<。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

運動会

学校の運動会です!
台風で延期になりました。
台風一過の真っ青な空!
猛暑も過ぎて秋らしい気候になり、正に運動会日和!

両親に似て運動音痴な我が子。
リレーなど華やかな競技とは無縁で出番も少ないし、
全員参加の徒競走の成績も期待できない。
でも、いいんです!
本人なりに一生懸命やって、きちんと向き合えば。

お弁当に好きなものいっぱい入れたからね!
秋空の下、家族で楽しもうね。 (・∀・)!

P_022undou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

脱皮 あるいは 羽化

子どもの髪を切った。
ら、予想以上に短くなってしまい、子どもに泣かれてしまった。
布団に潜り込んでひっそりと涙している姿を見て、
私も落ち込む・・・
髪が短くなったくらいで、そんなに悲しむなんて。

いつまでも「こども」だと思っていたのに、
いつの間にか「女の子」になっていたんだね。

申し訳ないのと、まぶしいのとで、まともに顔を見られないよ。
ごめんね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

フィセル人形

本をかがるときに「フィセル」という麻でできた紐を使います。
途中で紐束をすいて整えるため少し抜けます。
ちょうど、犬や猫をブラッシングすると
毛が抜ける状況と似てるでしょうか。

そのフィセルくずがたまったので、人形を作ってみました。
まるめたり、ねじったり。。。
事前にイメージを温めていたわけではなく、
手が動くままに進めていたので、
なんだか怪しげな造形物に。(^-^;

なかなかグーなので、彼らにバナーを飾ってもらいました。( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

大村さんそして九十九里浜

CDN(千葉デザインネットワーク)会員であり、
ガラス作家の大村俊二さんの個展へ行ってきました。
こんなに大きなガラスを自由自在に操り、
かたちづくれるなんて、すごい! (゚0゚)
会場には大村さんもいらっしゃって、
私の幼稚な質問にも丁寧に答えて頂き、感激!
ガラスに対する目が変わりました。

キャンドルスタンドを求めました。
いろいろな大きさの泡がたくさんつまっていてステキ〜
火を灯すとどうなるのかな。楽しみです (o^-^o)

そして海!
実は会場の望月定子美術館と九十九里浜は目と鼻の先なんです!
ひろーい砂浜の向こうに、ひろーい海。
サイコーにきもちいい〜 ヽ(´▽`)/
子ども達は服を着たまま海へダイブ。 ( ̄Д ̄;;
私も久々に海へ入りました。さすがに足だけですが。
9月半ばも過ぎたのに、暑かったので水が心地よい。
思いっきりきれいな空気を吸い込んだから、
体も心も私の全てがきれいになった気分 (*^.^*)


P_019umi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

こんにちは、こまつなちゃん!

小松菜の芽が出た! o(*^▽^*)o
きれいな緑色 (*^ω^*)
ハート型でかわいいじょ〜 c(>ω<)ゞ

ウチの庭にどこかの猫が来て糞をするので、
猫よけに支柱を斜めに立ててあります。
自分家でトイレしてよと思うけど、
猫に怒っても無駄だから諦めムード。
実家で猫を飼っていたので、
猫の習性・性格はなんとなくわかる。
これっぽっちの防御策じゃあ、
突破されちゃうだろうなぁ。 (;´д`)トホホ…

こうなったら、小松菜の方を鍛えるしかないね!
猫に負けずに大きく育っておくれ。


P_018me

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

金ちゃん

ウチでは2匹の金魚を飼っています。
3年前、子どもが金魚すくいで取ってきたもの。

子どもが「はなちゃん」「れんちゃん」と名前を付けました。
が、名付けた後に産卵し、雌雄が名前の印象と逆だと判明。
オスっぽい名前の「れんちゃん」がメス、
メスっぽい名前の「はなちゃん」がオス だったのです。
ははは・・・(;;;´Д`)

最近、オスの「はなちゃん」の様子がおかしい。
下に沈んで動かなかったり、水草にもたれかかっていたり、
なんだかだるそう。
子どもの頃も金魚を飼っていたけど、
こんな金魚を見たのは初めて。
病気なんだろうかと心配し、ペットショップで尋ねてみると
「猛暑で水温が高くなり、水も汚れやすい」とのこと。
早速、お掃除し、水も入れ替えてあげました。
心なしか元気な様子。よかった~ ( ^ω^ )

しかし、2、3日後にさらにヘンな事に!
今度は「逆立ち」してるんです! Σ( ̄ロ ̄lll)
口を下、尾びれを上にし、ヒレはほとんど動かしておらず、
泳いでいると言うより、水に身を任せて漂っているかんじ。
どうしちゃたの?、一体!
頭が重くなっちゃったの?
普通の泳ぎ方にあきちゃったの?

最近読み返している『魔女の宅急便』に
中心が狂う「中心点行方不明病」という病気が出てくる。
もしかして、「はなちゃん」もこの病気なのかなぁ。
う〜ん、心配。
早く元気に泳ぎ回ってほしい(ρ_;)


[ 逆立ちよりさらに反っている状態のはなちゃん ]

P_017kingyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

「フィセル」と「ホットペン」

「フィセル」と「ホットペン」を買いました (o^-^o)

フィセル(Ficelle)とは、
本をかがる際の支持体となる麻紐のことです。
実は「かがり台(自作)」と「糸」は持っているのに
フィセルがなくて、かがることが出来なかったのです (;ω;)

お店には、普通の撚ってある麻紐と、
撚っていない薄く平たい状態の「帯麻(平麻)」がありました。
帯麻を見るのは初めて! (゚0゚)
麻の繊維そのままってかんじです。
お店の方によると、こちらの方が丈夫で、
量も自由に調整できるため良いとのこと。

そして「ホットペン」。
これは、熱で温めたペン先で箔上をなぞるだけで
簡単に箔の装飾ができるという優れもの。

私にとっては高額の買い物でしたが、
「撚ってあるフィセル」「帯麻」「ホットペン」の3点を購入しました。
ふふふっ。うれしいな。早く使いたいな o(*^▽^*)o


[ フィセル 帯麻(左)、撚ってあるタイプ(右) ]

P_r_016_fiseru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

シャガール展

シャガール展
2010/07/03 - 10/11
東京藝術大学大学美術館


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


「シャガール展」良かった!
輝く色彩、柔らかな筆遣い、夢の中のような幻想的な世界――。
感激して息をするのも辛いほどなのに、
しばらく眺めていると、瞑想しているような、
意識と遠い穏やかな境地に達するから不思議。

初期作品の輝くような「収穫」もよかったが、
後年の「赤い馬」「彼女を巡って」が特に好き。
シャガールは、牛や馬、鳥、モスク(故郷)、
サーカス、女性といったモチーフを
繰り返し描いている。
「デザイナー」という立場で言うと、
何か新しいことをしなければと思って苦しくなってしまうが、
好きなものを心の赴くままに素直に
表現し続けるって事は当たり前なんだよね。

本展は、同時代に活躍した同胞の作家達の作品も
展示されているが、
マレービッチのコンポジション絵画がなくて
ちょっと残念でした。

P_t_015shagal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

ナスの赤ちゃん

ナスができた!
一株しか植えていないのに、ちゃんと実がなるんだね!
まだまだ小さい赤ちゃんだぁ。
実が大きく育ちおいしくなるよう、追肥しました。
しかし、赤ちゃんってなんでもかわいいな~!

P_k_014_nasu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

布の街・布の道 にっぽり

日暮里「繊維街」に初めて行ってきました。(o^-^o)
東日暮里3丁目から6丁目まで、日暮里中央通りを中心に
両側約1キロにわたり生地織物の店が立ち並んでいます。

生地だけでなく、ボタンや着物、毛皮など専門店がずらーり!
しかもお買い得な物もたくさん!(^o^)
私は革が目当てだったのに、
あちこちのお店を「はしご」してしまいました。

うーん、楽しい。ヽ(´▽`)/
「にっぽり繊維街まっぷ」もゲットしたし、また行くぞー

P_o_013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

THE PUSHPIN PARADIGM

「THE PUSHPIN PARADIGM」
Seymour Chwast / Paul Davis / Milton Glaser / James McMullan
2010/09/02 - 09/28
ggg


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


銀座に行ったら必ず寄るお気に入りのギャラリーが「ggg」。
今回は「プッシュピン・スタジオ」(以下PPS)です。

PPSは、1950年代にシーモア・クワスト、
ミルトン・グレイザーらがNYで結成した、
イラストレーションを中心としたデザイングループ。
世界中に「プッシュピン現象」を巻き起こし、
デザイン・イラストレーション業界に
もっとも影響力のあったデザイングループの一つです。

私は、メンバーの一人、シーモア・クワストの
ユーモアのある社会風刺の作品が好き。
Macでこぎれいなグラフィックが出来てしまう今日。
改めてイラストレーションの力を感じました。

P_t_012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

椅子座面シートのお洗濯

今年の夏は猛暑続きで、いやー暑いのなんの!(@Д@;
天気予報は毎日同じ事の繰り返し。
「高気圧に覆われ、明日も安定した晴れ。
 朝から30℃を超えるでしょう。熱中症には気を付けましょう。」
最初の頃は、人に会う度「暑いですね~」と挨拶していたが、
もう日常的になり、そんな挨拶も交わさなくなってきた。
暑さに慣れたというより、諦めに近かったと思う。

そんな酷暑のせいか、家の中がなんとなく臭い。Σ( ̄ロ ̄lll)
お風呂や洗面所の排水溝、トイレ、キッチン、ゴミ箱周辺が
熱気と共にむあ~んと臭う。
その地点が臭いのはわかるが、なんと「椅子」が臭いのだ!

仕事用オフィスチェアは、Vitraのマリオ・ベリーニデザインの椅子。
リビング&打ち合わせ兼用の椅子は、WilkhahnのKendo。
この椅子達は座面カバーが布製で外せる。
実は購入してから10年経っているが、
一度も洗濯したことがなかった。
これを機会に一発奮起、
座面カバーを外して洗濯することにしました。

工具を使わないと外せない部分は夫に頼み、さあ、洗濯!
縮み防止のため手で優しく押し洗い。
すると、茶色い水がじゅわぁ〜としみ出てくるぅ〜。
ああ、10年分の汚れが! ヾ( ̄0 ̄;ノ

陰干しして、元通りに椅子にセット。
ああー、実にさっぱり! ヽ(´▽`)/
おすすめですw


[ 脱皮途中のベリーニの椅子 ]

P_011_isu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

コデックス装って?

林望著『謹訳源氏物語』は内容もさることながら、
「コデックス装」で、とても開きやすいと話題になっています。
コデックス装?初めて聞きました。

「平安から中世にかけて日本の貴族の写本に用いられた
「綴葉装(てつようそう)」という
奥ゆかしい装訂を彷彿とさせる造り」とあります。
綴葉装なのか〜。珍しいなぁ。
じゃあ「綴葉装」って言えばいいのに、なんで「コデックス装」?

調べてみると、コデックス装とは冊子体の綴じ本のことらしい。
つまり、今日の本の形態の大元ってことでしょうか?
大きく言えば、綴葉装の外国版ってかんじ?
うーん、よくわからない。(@Д@;
本屋で確認すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

掃除機

我が家の掃除機は6年前に購入したもの。
手元ブラシがホース延長管にセットされており、
吸込仕事率もよかったため、H社製のこれを選びました。

何度も壊れましたが、その度に夫に修理してもらい、
大事に使ってきました。
数ヶ月前から、ヘッド回転ブラシがスムーズに回らなくなり、
いよいよ買い換え時かと探し始めました。

ネットで調べたり、カタログを見たり、
家電量販店に行って実際使ってみたり…。
1ヶ月ぐらいはリサーチしたでしょうか。後半は本気で探しました。
外国製を含めいくつか候補が挙がりましたが、
さんざん迷った結果、またH社製に決めました。
H社製はこれで連続3機種目です。
前回の購入時もそうでしたが、
「文句の付けようがない。これがいい!」というのは
ありませんでした。どれを見ても、どこかが不満。
H社製を選んだのも、消去法です。

どうしてメーカーさんは、使いやすくて、
堅牢なものを作ってくれないのでしょうか。
1年(半年?)サイクルで新製品を出さなくてもよいと思うのですが…。
買い換えの回転を速めるために、
わざとベストな商品を出さないのではないかと勘ぐってしまいます。
私は多少高くとも良い品を選んで大切に使いたいと思うので、
なんだか寂しいです。
ものだって、長く大切に使ってもらえたら、
喜ぶと思うんだけどな…(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »