« 転覆病 | トップページ | ニンジン・リベンジ »

2010年10月 3日 (日)

活字鋳造見学体験会

「東京製本倶楽部」で活字の鋳造見学体験会に参加しました。
活版印刷の経験はあっても、鋳造は見るのも初めて。
今回お世話になった築地活字さんは、なんと創業1919年!
入口からすぐに、活字の入った棚が整然と並んでおり、
年季の入った木のケースがなんとも良い雰囲気。

一通りの説明を受けた後、いよいよ鋳造体験です!
今回は自分の名前から二文字を作ります。
私の実家は製造業ということもあるせいか
何かを作る機械=大きな機械と思い込んでいましたが
こじんまりとしたかわいらしい機械でした。
ただ、材料は350℃のどろりとした鉛なので、少々注意が必要です。

機械に母型をセットして、職人さんの掛け声と同時に
レバーを上げ、鉛を機械に注入。
カシャ、カシャ、カシャと次から次へ活字が生まれてきます。
中心部がずれていたのを、
職人さんが手慣れた手つきで修正してくれ、
ピカピカの立派な活字が出来ました。
ほおーっ、感動です! w(゚o゚)w

書体は築地活字オリジナルの「長宋朝体」
きりっとした佇まいが美しいです!
その後、できたてほやほやの活字で
名刺も刷らせていただきました。

最近は、革に押したり、医療用パッケージに刻印したりと
通常の印刷だけでなく、幅広い需要があるとのこと。
こういう歴史あるしっかりした技術が注目されているのを聞くと、
うれしくなります。 (o^-^o)

帰りには、作った名前の活字と刷った名刺をお土産にいただき
大満足で帰途につきました。 (*^ω^*)ノ彡
お休みの中、出勤していただいた職人さん、
気さくに対応していただいた社長さん
本当にありがとうございました。


P_025katsuji1


P_025katsuji2

|

« 転覆病 | トップページ | ニンジン・リベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/49638206

この記事へのトラックバック一覧です: 活字鋳造見学体験会:

« 転覆病 | トップページ | ニンジン・リベンジ »