« 粋な宿題 | トップページ | 和紙の展示 »

2010年10月25日 (月)

かわ工場見学

ピッグスキンを鞣している、
タンナー工場の見学に行きました。

当日は充分早めに家を出たつもりなのに、
電車がまさかの信号機故障! (lll゚Д゚) それに伴う遅れで、
いつ目的駅に着くかわからない状況。 (;д;)
やっと駅に着いた時には、すでに開始時間から5分が経過。
走って、息切れ状態で到着。 (@Д@;
どうやら私の乗った線だけでなく、
いろいろな線に影響があったみたいで、
まだ参加予定者が揃っていないとのこと。
開始時間を20分遅らせることになりました。

予定時刻がきたので、いよいよ見学スタート!
エントランスでパンフレットを見ながら
だいたいの行程の説明を聞く。
工場に入ってまず目に付いたのは、
樫の木でできた大きな回転ドラム。
ぐあんぐあん回って豪快です! w(゚o゚)w
天井には吊って乾燥させている何枚もの革が
私の目にはオーロラのように神秘的に映りました。

そして、植物タンニン鞣しの商品を見せていただき、びっくり!
正直、ピッグスキンは毛穴が目立つ荒いイメージを
持っていましたが、それはきれいな肌! (゚0゚)
クロム鞣しと違って、ミモザアカシアを使用した
自然な製法というのも魅力です。

塗装やアイロンの仕上げ作業は拝見できませんでしたが、
とても勉強になりました。

タンナーの知識があまりにも無かった私。
初歩的な質問にも丁寧にお答えいただき、感激。
革を扱う以上、もっと勉強しなきゃと反省しました。
案内をしていただいた専務様、工場のみなさま
どうもありがとうございました。 o(*^▽^*)o


P_032_kawa1


P_032_kawa2


|

« 粋な宿題 | トップページ | 和紙の展示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/49845224

この記事へのトラックバック一覧です: かわ工場見学:

« 粋な宿題 | トップページ | 和紙の展示 »