« 地震 無力な私 | トップページ | 箔押しワークショップ 2日目 »

2011年4月 4日 (月)

箔押しワークショップ 1日目

「箔押しワークショップ」に参加しました。
箔押しは初めてです! o(*^▽^*)o

今回はワークショップ自体よりも
不安なことが二点ありました。
まず、地震による停電・節電で公共交通機関のダイヤが
乱れているため、到着時間が読めない事です。
時間帯によるのかもしれませんが、
駅に着いても大混雑で電車に乗れないと聞いていました。
二点目は、子どもが春休みで家にいるため、
留守番をさせなければならない事です。
地震から日も浅く、こんなに長時間
留守番をさせたことがなかったので心配でした。
しかし、単発で集中して
箔押しが出来るチャンスは滅多にありません。
子どもには留守中の注意事項を紙に書いてしっかり伝え、
いつもより1時間早めに家を出ました。
電車は「まびき運転」で時間はかかったものの、
思っていたよりも混んでなく、遅刻せずにすみました。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

いよいよワークショップ開始です。
まずは基本の「直線・空押し」の練習をしました。
 1:ヘラで革に線を引きます
 2:フェールと呼ばれる道具を熱して、1の線に沿って押します
 3:水を含ませた細筆を使い、2の線に水分を含ませます
 4:再度、熱したフェールで線に沿って押します
 5:深さが均一になるように、さらにフェールで押します

フェールの温度調整や押し方が悪いせいか
きれいな線になりません。 ( ̄Д ̄;
太くなってしまったり逆に細くなってしまったり、
深さも浅かったり深かったりで
均一な真っ直ぐな線には見えません。
ただの線なのに、きれいに引くのが
こんなに難しいとは思いませんでした。

次は「フルロン」と呼ばれる花の形をした道具で空押します。
直線の時と同様に押しますが、今度は形があるため、
同じ位置に再び押すのがさらに難しい。
ずれて二重になってしまいます。 (@Д@;
なんとかフルロンの空押しを済ませ、
「煤押し」「金箔押し」の準備として
フィクソールという接着剤の役目をするものを筆で塗り
1日目は終了しました。

留守番をしている子どもの事が気がかりで、
あたふたと家路につきました。
「何もなかったよ」と平気そうな子どもの様子を見て
急にどっと疲れが出ました。
そして、押す際にかなり力を入れていたらしく、
腕の変な箇所が痛いことに気づきました。~(°°;)))

|

« 地震 無力な私 | トップページ | 箔押しワークショップ 2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/51300679

この記事へのトラックバック一覧です: 箔押しワークショップ 1日目:

« 地震 無力な私 | トップページ | 箔押しワークショップ 2日目 »