« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

強風とアブラムシ

先日、千葉県と茨城県で竜巻と見られる突風が吹いた。
朝は、晴れて良い天気だったのに、
昼過ぎから急に空が暗くなって風が強くなった。
ポタポタと降ってきた大粒の雨も激しくなり、
台風みたいな状態に。
しばらく激しい状態が続いたかと思うと、
風は残るものの、また元のように嘘みたいに晴れた。
夜、TVニュースを見たら、
市内で竜巻が起こっていたことがわかり、驚愕!
駐車場の車が横転してる!Σ(゚д゚;)
ちょうど子どもの下校時間と重なっており、
我が子は服や靴がぐっしょり濡れただけ。
無事でよかった。(* ̄ー ̄*)

そして、今日。
朝から晴れているものの、またもや強風。
近所のケヤキの大木から、若葉と一緒に
アブラムシがい〜っぱい落ちてきた!(@Д@;
ベランダや庭、ガレージに
黄緑色のつぶつぶがい〜っぱい落ちてるーっ!(lll゚Д゚)
動いてるーっ!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
ゴミ捨てのために、ちょっと外に出ただけで
私にも髪や服にアブラムシがあちこちに付着!
ぎゃーっ!(。>0<。)
風、キライ。


P_081abura

[ベランダ用サンダル。
わかりにくいですが、黄緑色の小さなつぶはアブラムシ。
若葉の裏にもびっしり!]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

地震 希望

相変わらず余震が続いている。
余震がある度、身構えてしまう。
原発はいつになったら収束するのだろう。
過ごしやすい気候の今は、計画停電は不実施となっている。
しかし、放射性物質の拡散は深刻だ。
大気中、海水、水道水、農作物、魚…
放射性物質の検出が相次いでいる。
産業界は大きな損失を受け、多くの方が風評被害で傷ついている。
こんな形で世界中が「FUKUSHIMA」に注目するなんて!
怒りと悲しみが込み上げてくる。

情報を得るため、TVニュースやweb、twitterを
チェックしない日はない。
直接、地震や津波の被害があったわけではないのに
緊張しているのか、なんだか疲れる。
被災地ではもっと辛いはずだから、
こんなことぐらいでめげてちゃいけないと思う。
けれどー。

小刻みでしか呼吸が出来ないような息苦しい毎日。

それでも春が来た。
ヒヤシンスがかぐわしい香りを放ち、
キンセンカが太陽のように鮮やかな花を咲かせ、
チューリップが愛らしい姿で風に揺れる。
木々が黄緑色になり、
風景はいつの間にか明るくなっていた。
自然は偉いと思う。
世界は希望に満ちている。


P_080hana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

腹痛&吐き気が続く子ども

先週よりずっと「おなかが痛い、気分が悪い」と訴えている我が子。
最初は、便秘か下痢かでそのうち治るでしょうと
軽く考えていましたが、
さすがに1週間続くと少々不安になり、
かかりつけの病院へ行きました。
結果は「便秘でも下痢でもない。熱も無く、よくわからない。
しばらく様子を見て下さい」とのこと。
三日分の整腸剤と吐き気止めをもらいました。

その薬も昨夜で無くなりました。
今朝、まだ痛がります。(;ω;)
毎食の食事はいつもより量は少なめ
(半分〜7割くらい)ながら食べています。
吐き気はあるものの、実際に吐いてはいません。
昨日、普通の便が出たらしいので、便秘や下痢ではないみたい。
なんとか登校はしていますが、
学校でも保健室のお世話になっているらしい。

なんとなく元気が無く、だるそうな様子を見ていると心配です。
大きな病院で検査をしてもらった方がいいのかなぁ。
もしかして、精神的なことが原因?
まだ余震が収まっていないから、怖いのかな?
新学期も始まり、勉強や友達関係で不安なのかな?
誰かにいじわるされているのかな?

なんだか、私まで憂鬱になってきた。(。>0<。)
子どもは元気が一番。早く良くなって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

転覆病、再発!?

一時期調子が良かったのに
地震の影響か、金魚の「はなちゃん」が
またもや、プカリと浮かんでますっ!  !!(゚ロ゚屮)屮
地震の際は、揺れて水が溢れ、驚いたよね・・・
大変なストレスだったと思う。
人間だって今でも不安で、情報に右往左往だもの。
状況のわからない金ちゃんは、なおさらだよね。
かわいそうに。(;ω;)

掃除と水交換をすると、なんとなく
具合が良くなる気がするので、
ちょっと寒く水温が低いけど、することにしました。
いつもカルキ抜きのため、バケツに水を張り外に置いておきます。
原発の放射性物質の拡散が気になりますが、
今回もいつもと同じようにバケツを外に置きました。

掃除をして水を張り、
背中が水面から出るのを防ぐため「巻きす」を設置。
きれいになって喜んでいるのか、
懸命にヒレをふるわせ泳ぐはなちゃん・・・

ふと、地震が起きて避難しなくちゃいけない場合、
金魚はどうしたらいいのかと心配に。
水筒に入れて運べるかな?
すぐに水温が高くなり、水質も悪くなりそう・・・
名案が浮かばない中、災害が起こらないよう祈るばかりです。


P_078kin_2

[水面近くにある薄黄色のものが「巻きす」]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

手締めプレス

「手締めプレス」が届きましたっ!ヽ(´▽`)/
木肌が美しい~。すべすべだぁ~。(≧m≦)
素材はアメリカ産のハードメープル。
非常に硬くてきめ細かく
道具、用具材としては最も適しているとの事。
何度もネジを回し、うれしくって
記念に写真もたくさん撮ってしまいました!(*^ω^*)ノ彡

注文してから2ヶ月近く。
お願いしたK工房さんには、在庫はなく、
1個だけの注文だったのに快く引く受けて頂き、感謝です。
私が持っているreliureの道具の中で、一番の大物です。
こんな立派な道具を作ってもらい、所有するなんて
分に過ぎる感じで恐縮してしまいます。
道具に負けないよう、精進します!


P_077press

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

原井輝明 展

原井輝明「竈神/Hestia」展
2011/3/6 - 4/2(土日のみ開催)
小島びじゅつ室


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


山口在住期間にお世話になった、原井さんの絵画展です!
DMを頂いて、とてもうれしく
是非とも伺わなければと胸を膨らませていました。

タイトル「Hestia ヘスティア」とは、
ギリシャ神話に登場する竃(或は囲炉裏)の守り神で、
家庭の保護者として非常に尊ばれたとの事。
日常を描いて欲しいという依頼だったそうで、
お子さんや生活周辺環境が
淡い柔らかなタッチて描かれています。
モチーフの選び方、切り取り方が原井さんらしい。
お話を伺いながら作品と向き合っていると
原井さんの日常が目に浮かんできました。

芸術家は、繊細で、強い。
改めて尊敬の念を抱きました。


P_076harai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

箔押しワークショップ 2日目

今日、子どもは習い事があります。
親としては、ちゃんと昼食食べて、準備して、
鍵を閉めて、時間通りに行けるのか?と心配なのに
当の子どもは「まだ行かないのー?」と
早く出かけて欲しそうで、思わず苦笑。 ┐(´-`)┌
その声に押され、我が子の成長を頼もしく思いながら
早めに家を出ました。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

今日はいよいよ「煤押し」「金箔押し」に挑戦です。
最初に煤押しをしました。
 1:温めたフルロンをロウソクの炎にかざし、煤をつけます。
 2:空押しした位置に重ねて押します。
 3:煤が均等にきれいに着くまで繰り返します。
 4:フルロンの煤を拭い取り、熱した後、
   3の上から押し光沢を出します。

次は金箔押しです。
 1:適切な大きさに切った金箔を
   空押しした上に置きます。
 2:コットンを使って、
   空押しした凹みに金箔を押し込めます。
 3:2の上から、熱したフルロンで押します。
 4:はみ出た金箔を取り除きます。

と、煤押しも金箔押しも何度も同じ箇所を押します。
下手な私は、押す毎にズレが生じ、
幾重にもなってしまいました。 o(;△;)o
そして、金箔もふわふわ、ひらひら、と
わずかな風や静電気、手の脂等で動いてしまい、扱いづらい。
切ったり、置いたりすることすら困難な有様です。

箔押しって難しいと身を以て体験しました。(u_u)
今までなにげなく金箔の装飾を見ていましたが
見る目がすっかり変わりました。
あの美しい金色のカーブを描くのに、どれ程かかるか・・・
いずれは自分でタイトル押しや装飾ができたらいいなと
思っていましたが、長~い道のりになりそうです。( ̄○ ̄;)

最後になりましたが、
ご指導いただいたT先生に深くお礼を申し上げます。


P_075hakuosi

[今回私が押したものです]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

箔押しワークショップ 1日目

「箔押しワークショップ」に参加しました。
箔押しは初めてです! o(*^▽^*)o

今回はワークショップ自体よりも
不安なことが二点ありました。
まず、地震による停電・節電で公共交通機関のダイヤが
乱れているため、到着時間が読めない事です。
時間帯によるのかもしれませんが、
駅に着いても大混雑で電車に乗れないと聞いていました。
二点目は、子どもが春休みで家にいるため、
留守番をさせなければならない事です。
地震から日も浅く、こんなに長時間
留守番をさせたことがなかったので心配でした。
しかし、単発で集中して
箔押しが出来るチャンスは滅多にありません。
子どもには留守中の注意事項を紙に書いてしっかり伝え、
いつもより1時間早めに家を出ました。
電車は「まびき運転」で時間はかかったものの、
思っていたよりも混んでなく、遅刻せずにすみました。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

いよいよワークショップ開始です。
まずは基本の「直線・空押し」の練習をしました。
 1:ヘラで革に線を引きます
 2:フェールと呼ばれる道具を熱して、1の線に沿って押します
 3:水を含ませた細筆を使い、2の線に水分を含ませます
 4:再度、熱したフェールで線に沿って押します
 5:深さが均一になるように、さらにフェールで押します

フェールの温度調整や押し方が悪いせいか
きれいな線になりません。 ( ̄Д ̄;
太くなってしまったり逆に細くなってしまったり、
深さも浅かったり深かったりで
均一な真っ直ぐな線には見えません。
ただの線なのに、きれいに引くのが
こんなに難しいとは思いませんでした。

次は「フルロン」と呼ばれる花の形をした道具で空押します。
直線の時と同様に押しますが、今度は形があるため、
同じ位置に再び押すのがさらに難しい。
ずれて二重になってしまいます。 (@Д@;
なんとかフルロンの空押しを済ませ、
「煤押し」「金箔押し」の準備として
フィクソールという接着剤の役目をするものを筆で塗り
1日目は終了しました。

留守番をしている子どもの事が気がかりで、
あたふたと家路につきました。
「何もなかったよ」と平気そうな子どもの様子を見て
急にどっと疲れが出ました。
そして、押す際にかなり力を入れていたらしく、
腕の変な箇所が痛いことに気づきました。~(°°;)))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

地震 無力な私

地震後1週間程は、どのTV局も終始、
地震の報道で、CMも自粛していたのが、
すっかり元通りになった。
今でも、CMは震災のお見舞いが多く、
ニュース番組では地震・原発関連の内容が主だが、
バラエティも復活し、それまで上下左右に流れていた
地震関連情報も無くなりつつある。

まるで何も無かったよう、あるいは
すっかり復興したかのようだが
被災地の状況はあまり変わってはいない。
がれきの山、避難生活、行方不明者の捜索、
原発から放射性物質の拡散・・・
画面を通して流れてくる映像でさえも
辛く、涙があふれてくる。

何もできない自分が歯がゆい。
わずかな義援金や募金、
祈ることぐらいしかできない自分は
なんと無力なんだろう。
私でも何かできることがあるのではないか?と考えるが、
あの、がれきの山をかき分ける重機の映像を見ると
「今、あなたなんかに何ができるの?」と
見据えられているみたいで苦しくなる。

多くの方が言っているように
仕事、消費を含め、いままで通りの生活をすること
そして忘れずにいることが、
被災地にとって一番良いことなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »