« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

活版アートのチカラ展。

活版アートのチカラ展。
2011/5/28 - 29
鳥越周辺(秋葉原ー御徒町)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


今年は東日本大震災の影響で
「活版凸凹フェスタ」が中止になり、
がっかりしてましたが、
有志の方々によりこの展示会が実現しました。
中止の決定は苦渋の判断だったと思います。
そして今回の企画も英断だったと、
拍手をおくりたいです! (・∀・)
また、イベントの収益の一部は
地震で被災された方々への義援金として
寄付されるとのこと。
すばらしい取り組みです。

期間中は台風が接近していたため、
あいにくの天気でしたが、
活版の熱気は台風さえも吹き飛ばす勢いでした。
ワークショップでは、樹脂版をつくり、
手きんで印刷という、貴重な体験に
私は終始テンション高め! (*≧ε≦*)
ご指導していただいた職人さんの
手際よさと温かさに心打たれました。

会場は3つに分かれていましたが、
狭いながらもそれぞれが充実していました。
作品や展示物についてお話をおうかがいし
勉強になりました。
なかでもベントン彫刻機で作られ、
印刷された物はあまりの小ささに
ルーペが必須! w(゚o゚)w
驚きと感動を隠せませんでした。

このようなイベントを実現して頂き
感謝しています。
靴や服が雨に濡れましたが、気分は爽快!
とても楽しかったです! ヽ(´▽`)/


P_099kappan1


P_099kappan2

[左上:樹脂版、左下、右上下:印刷物]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

保存容器 封筒フォルダー

「書籍の修理と保存」の授業で制作した
保存容器:封筒フォルダー(左開き洋書用)です。
薄くて軽い資料を収納するのに便利です。

既成の封筒(もちろん保護紙製)を用いているため、
簡単に作ることが出来ます。
封筒角を45度斜めに切り落とし
貼り方を工夫することで
封筒にマチが出来ます。

封筒サイズや、ボード紙サイズ、背幅を変えれば
いろいろな大きさの資料が収納できます。


P_098folder_2

[試しに冊子(緑色の表紙)を入れてみました]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

ひとだまくん

うわさの霊界グッズ「ひとだまくん」買いました。ヽ(´▽`)/
実は昨夏から気になっていたのですが、
子どもっぽいかとためらっていました。
パッケージに「高学年向き」って書いてあるし。(^-^;

持ち手から伸びた針金の先端に
綿を丸めたような物が着いています。
これに「ひのたま液」を染み込ませて火をつけると
ひとだまのような緑色の火の玉が出現するらしい。

額につける白い三角巾(?)が
オマケに付いているところがニクイ!(* ̄ー ̄*)
う~ん、楽しそう。夏まで待てないわ〜 (≧m≦)


P_097hitodama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

細長いテントウムシ?

今朝、庭の朽ちた木の根元に
びっしりテントウムシ集合体発見!!!(゚ロ゚屮)屮

ん?なんだか細長いぞ? (・_・)?
似てるけどテントウムシとは違うような?
どちらかというとウリハムシのような体型。
ちっとも動かないし。
ちょっと指で突いてみたら、
木肌からポロッと地面に落ちて、そのまま固まってる。
死んだの?死んだふり?(@Д@;

ふと、顔を上げると
木の側にあるブロック塀の目地にも
ポツポツとたくさん着いてる!

隣家のケヤキの木から
アブラムシがたくさん降ってくるから、
テントウムシかと思ったけど、違うのかな?
体長約8mm、木の根元には30匹ぐらい集まってる。
たくさんいてちょっと不気味・・・
もしもし、あなたは一体誰なの? ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


P_096tenmusi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

書見台

「書籍の修理と保存」の授業で制作した
書見台です。
書籍を扱ったり、展示をする際などに
役立ちます。
保護紙(中性紙)を使用してます。

左右の三角形部品は中央で連結されています。
連結部分をスライドさせることにより、
自由に背幅サイズを変える事が出来ます。
三角形部品は簡単に外すことが出来ます。
2つの三角形部品は、ちょうど紙の厚み分大きさが違うので、
入れ子状に仕舞うことが出来ます。

機能性に優れた保存容器を簡単に作ることが出来て
感動しました。(゚▽゚*)


P_095syoken

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

金魚の「ミント」が仲間入り

金魚の「はなちゃん」が死んでしまったので、
「れんちゃん」一匹だけになってしまいました。
子どもが金魚すくいで取ってきてから
ずっと一緒だったから、なんだか寂しそう…

死から時間が経っておらず、
私は心の整理がついていないのだけれど、
仲間がいた方がいいよね…

家族でペットショップにパートナーを探しに行きました。
「れんちゃん」は「ランチュウ」なので、
同じ種類のものを選びました。
「れんちゃん」がメスなので、
オスが欲しかったのですが、
店員さんによると、性別判断は難しいとのこと。
また、相性も実際水槽に入れてみないと
わからないと言われました。

イチかバチか、子どもが気に入った一匹を
連れて帰りました。
徐々に環境に慣れさせて、水槽に入れてみました。
比べてみると、「れんちゃん」大きいっ!w(゚o゚)w
新入りは小さく、泳ぎ方も一生懸命でかわいい。
とりあえず、環境的には大丈夫な様子。
お互いに気に入って、仲良くしてくれるといいな。

子どもが「ミント」と名前をつけました。


P_092mint

[左:大きいのが、れんちゃん
 右:小さいのが、ミントちゃん]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

金魚が死んでしまいました

今朝、金魚の「はなちゃん」が死んでいました。
転覆病治療のため、薬を溶かした
黄色い水の底に沈んでいました。
水から出してみると、背中の赤く焼けたところは
きれいに治っていました。
もしかして弱っているだけで、まだ生きてるかもと
水を換えて放してやりました。
じっと見つめていましたが、
エラもヒレも動きません…

ああ、死んじゃったんだ!

焼けた箇所が治っていたのなら、
早く薬水から出してやればよかった…
薬水に入れた時、なんだか苦しそうだった。
量ったつもりでしたが、薬が濃すぎたのかもしれません…
薬じゃなくて、塩水の方がよかったのかも…
治療中は基本的に絶食なので、
おなかがすいていただろうと思うとかわいそうで…

私、何やってたんだろう…
金魚はしゃべれないから、
気をつけて見てあげなきゃいけなかったのに…

庭にお墓を作りました。
たくさんのお花を一緒に入れてやりました。
ごめんね、ごめんね、ごめんね…
今日は胸が苦しくて何も出来ないよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

サンダル インソール張り替え

気に入っていたサンダルのインソール(中底)が
ボロボロになってしまいました。(;ω;)
もう捨ててしまおうかと思いましたが、
他の部分はまだきれいなので、もったいないかんじ。
少々勇気が要りましたが、
自分で張り替えることにしました。


P_092kutu1_5

[左:ボロボロになったインソールを剥がしたところ]

材料を探しに行きました。
お店にあったのは、
「ソール」はソールでも、底部分の「ソール」や
取り外しのできる、いわゆる「中敷き」。
サンダル用があったものの、
透明で凹凸のあるものしかありませんでした。
私が欲しかったのは、薄い革状のもの。
色は、元がベージュだったので、それに近い色。
そこで、厚さ1mm・細目のコルクシートを使うことにしました。

作業開始!
1:まずは、ボロボロのインソールを丁寧に剥がします。
2:剥がしたインソールを型紙とし、
  コルクシートに形を移します。
3:2を切り抜きます。
4:3をサンダルにボンドで貼ります。


P_092kutu2

[コルクシートを切り抜いたところ]

できました~!ヽ(´▽`)/
案外簡単にきれいにできたので、自分でもビックリ!
試しに履いてみると、コルクシートの
わずかなクッション性がしっくりきます。

コルクシートの耐久性がどの程度なのか?
汗やホコリなどで汚れそう…など不安はありますが、
この夏楽しんでみたいと思います。(o^-^o)


P_092kutu3_2

[できあがり]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

佐藤晃一ポスター

佐藤晃一ポスター
2011/5/9 - 5/31
ggg


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


学生時代からのあこがれです。
佐藤晃一さんデザインのポスターが
会場いっぱいに展示されています。

この美しいグラデーションを
言葉で表現するのは難しい。
夜明け前、あるいは日没前
刻々と変化していく空の色 ───
光のスペクトル…
紙の印刷物なのに、宇宙空間のような壮大さ。
私はただ呆然と立ちすくんで
眺めていました。

会場にはポスターの版下、指示書、原稿、
スケッチ等も展示してあり
自由に見ることが出来ます。

パソコンやソフトを使えば
自由に表現できる昨今ですが、
美しい強さを持った作品には
なかなかお目にかかれません。
自戒を込めて、そう感じました。


P_091sato

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

アブラムシ・シャワー

アブラムシが降ってきます。 Σ( ̄ロ ̄lll)
シャワーのように降ってきます。 (。>0<。)
隣のケヤキの木から、若葉と一緒に降ってきます。
若葉にもみっちりアブラムシが着いています。

我が家のベランダの床には1cm程の溝がありますが、
そこにアブラムシが溜まって黄緑色の線が出来ました。
黒っぽい服を着て庭にいると、風向きによっては、
あっという間にアブラムシの点々模様になります。
髪の毛の間に入ってしまうと、取りにくくて嫌になります。


P_090aburamusi1

[ベランダ:
 掃いて集めたのではありません。
 葉っぱだらけです。黄色い粒がアブラムシ]


外に干した洗濯物にも、いっぱい着いているので
取り入れるのも一苦労です。
部屋の中に入れる前に、外で払っても
とめどなくアブラムシは降り注いでいるので
すぐに付着してしまいます。

よって、私は洗濯物を
1:外でバサバサと大きく振って、手早く部屋に入れます。
  この作業は1枚ずつ行います。
  1枚バサバサして -->
  窓を開け、すばやく洗濯物を部屋に放り込み -->
  さっと窓を閉める

  1枚ずつ行うのは、せっかく振り払った洗濯物に
  再びアブラムシが着かないようにするためです。
  1枚毎に窓を開け閉めするのは、
  開けっ放しにしておくと、窓からアブラムシが
  部屋の中に吹き込んでくるからです。

2:フローリングの床の上で、更に振り落とします。
  落ちてきたアブラムシをテッシュで拭き取ります。

3:「2」をもう一度繰り返します。

時々テントウムシの幼虫も降ってきます。(゚0゚)
がんばって、テントウムシ様!
たくさんアブラムシを食べて大きくなって、
どんどん仲間を増やして下さいっ!
たのみますっ。(切実)


P_090aburamusi2

[葉っぱの裏側はこんなかんじ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

革刀

先月に届いていたのに、ずっとしまったままだった「革刀」
初めて使ってみました。o(*^▽^*)o
漉いたものは「シャルニエール」
3回目です。(;д;)
1度目のものは、漉きすぎて破れてしまい (;д;)
2度目のものは、穴が開いてしまいました。 (;д;)
3度目の正直です。

使ってみると、とても良い切れ味で、
ショリショリと楽に漉けます。 (゚0゚)
今までメスや紙ヤスリで、ちまちまやっていたのは
なんだったのでしょう!
私が下手なせいですが、メスだと
時間がかかるわりには革に穴が開いてしまったり、
滑らかに漉けなかったりしていました。(;´д`)
こんな便利な道具があるのであれば、
もっと早くに使うべきでした!

ただ、ずっと使っていると、
グリップの形が手に合わず、手が痛くなってきました。
初めて使う道具なので、
握り方や角度が間違っているのかもしれません。
また、時間をみつけてグリップ調整し、
自分好みにカスタマイズしたいと思います。


P_089kawato_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

苗植え

子どもと一緒に「キュウリ」と「トマト」の苗を植えました。
苗も子どもが選んだものです。
私としては「ナス」や「ピーマン」も植えたかったのですが、
子どもの強い反対にあい(苦手な野菜です)、断念。(゚ー゚;
狭い庭なので、「キュウリ」3つ
「トマト」2つでいっぱいに。

毎年植えるけど、気が向いた時しか世話をしないため
実が成ったり、不作だったり。
せっかく育てるのだから、今年は勉強して
ちゃんと野菜と向き合い
成長と変化を楽しみたいです。┗(^o^)┛


P_088tomato

[トマト]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

小判ざっくざく?

小判がたくさん実りましたー! ヽ(´▽`)/
「コバンソウ」という名の植物です。
まだ黄緑色ですが、だんだん黄金色になって
小判のようになります。
子どもは本当に昔使われていたお金と
思い込んでいるみたい。(^-^;
かわいいので、あえて訂正をしない私。(*^m^)
本物だったら、大金持ちかも?


P_087koban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

江ノ電 で 江ノ島

あこがれていた江ノ電に乗って、
江ノ島へ行きました。(*^ω^*)ノ彡

当日のルートは下記通り。
大船駅 ---> 湘南モノレールで湘南江ノ島駅 --->
新江ノ島水族館 ---> 近所のレストランでランチ --->
ビーチコーミング ---> 歩いて江ノ島 --->
江ノ島神社&お土産屋さん物色 --->
歩いて江ノ電江ノ島駅 ---> 江ノ電で長谷駅 --->
歩いて高徳院へ大仏参拝 ---> 
駅へ戻りつつお土産屋さん物色 --->
江ノ電長谷駅~鎌倉駅 ---> 
鎌倉駅でお茶&夕食用パン購入 ---> 帰途

朝は張り切って、8時に家を出発!
大船駅には10時頃着きました。
大船では、江ノ島エリアJR、江ノ電、湘南モノレールが
乗降自由の「鎌倉・江ノ島パス」を購入。
そしてまずは、子どもの希望で「新江ノ島水族館」へ。
途中のコンビニで、柏では入手できなかった前売り券を購入。
地元だったら買えるのね。
大人2000円のところ1900円
小学生1000円のところ950円
と割引は少額ながら、お得な気分に。(o^-^o)

久しぶりの水族館、楽しい~。ヽ(´▽`)/
きれいな熱帯魚、砂に潜る魚、幻想的なクラゲ・・・
生物の多様性を改めて実感しました。
イルカとアシカのショーも見ました。
息のあったショーに感動。
空中ブランコに乗るアシカ、初めて見た!怖くないのかな?
ショーはすばらしかったけれど、
風が強くて寒かったです。(。>0<。)


P_085kama1


昼食後、水族館近くの浜辺で貝拾い。
ハンパじゃない強い風が砂を巻き上げ、私は避難。
子どもは靴を脱いで楽しんでました。

江ノ島へ渡る橋も、風が強くて波しぶきがすごい!
遮る物が無いため、前に進むのも苦しいくらいだった。
神社への参道のお土産屋さんが面白い。
貝細工や海産物はわかるが、
なぜここで?と疑問を感じる品々も。
かくいう我が子も、江ノ島と全く関係のない
猫の置物を買いました。
珍しい「しらすアイス」を食べました。
その名の通り、アイスの中には「しらす」が!
アイスは溶けるが、固形の「しらす」は口に残り少々違和感。
しょっぱ甘く、なんとも言えない味。
いい思い出になりましたが。(^-^;

いよいよ江ノ電に乗ります。
沿線の住宅と距離が近い!近すぎる!(゚0゚)
海も近い!気持ちいい〜。
長谷駅に着いた頃には、辺りは薄暗く肌寒くなっていました。
この時期の拝観時間は18時までらしいので、
足早に大仏様を拝み、再び江ノ電で鎌倉駅へ。

今回は、地震後でなんだか宿泊する気持ちになれず、
日帰りを強行してしまいました。
普段運動をしないインドア派の私達には、
かなりキツイ旅でした。
でも、ずっと気になっていた江ノ電に乗れ、
江ノ島に行けて満足!(* ̄ー ̄*)
今度はあじさいの季節にゆったりと楽しみたいです。


P_085kama2

[高徳院・大仏さま]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

ネンチャクシコウ展

ネンチャクシコウ展
2011/4/27 - 5/22
AXIS Living Motif


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


紙の可能性を考え提案する「かみの工作所」主催です。
粘着シールの特性を上手く利用した商品は、
機能的なだけでなく、とてもユニーク!(゚▽゚)
使用するシーンを思い浮かべると楽しくなります。
試しに折ったり貼ったりしてみたくなりました。

シールになっているリーフレット
グラフィックも面白いですが、
印刷もカットもきれい!


P_084nencyaku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

咲いてくれて、ありがとう

ヒヤシンス、チューリップ、シバザクラ、プリムラの花は
散ってしまいましたが
キンセンカ、ミヤマホタルカズラ、ガーデンシクラメン、
カスミソウ、アルメリア、ゼラニウムが
一斉に花を咲かせてくれました。o(*^▽^*)o
たいして世話もしていないのに、
きれいに咲いてくれてありがとう。
見ているだけで心が和みます。

地震や竜巻、食中毒事件、紛争、
世の中ではいろんなことが起こっているのに
必ず、太陽は昇って、季節はやってくるんだね。
素直に感動。


P_084hana1

[上:ミヤマホタルカズラ]


P_084hana2

[下:アルメリア]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

Re:SCOVER NIPPON DESIGN

日本のデザイン2011
Re:SCOVER NIPPON DESIGN
デザイナーが旅する日本。
2011/4/22 - 6/5
Tokyo Midtown DESIGN HUB


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


twitterでつぶやきを見かけ、
興味が湧き、見に行きました。

デザイナーと写真家の3組のペアが
行き当たりばったりな旅に出かけ、
そのレポートが展示されています。
会場には長ーい透明なフィルムが天井から釣り下げられており、
3組の旅がテキストと写真で紹介されています。
時折、お土産等、旅に関するモノが展示されていますが、
基本はテキストでしょうか。

誌面でしかお会いしたことのない方々ですが
読み進めていくうちに、身近に感じられてきます。
出会った人やモノに素直に反応し、
無邪気に楽しむ姿は普通の旅人。
羨ましくなり、私も旅に出かけたくなりました。
旅のまとめ方の提案としても面白い企画でした。


P_083tabi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

倉俣史朗とエットレ・ソットサス展

倉俣史朗とエットレ・ソットサス展
2011/2/2 - 7/18(会期延長)
21_21 DESIGN SIGHT


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


当時北陸の小都市に住んでいた私は、
出張など東京に行く際、用事が終わると必ずと言ってよい程
AXISビルSPIRALに足を運びました。
こぢんまりとした空間ですが、
天井からオーロラのようにキラキラと
且つ、つららのように力強く伸びるパーテーションによって
大胆に二分されています。
店内には、倉俣さんが手がけた
時計や花瓶などの作品が多数展示されており、
宝箱のようでした。

私のお目当てはアクリルのスツール。
透明の大きなアクリルの塊の中に
ふわりと鳥の羽が3枚浮かんでいます。
普通ならゆっくりと落ちてくる羽は永遠に止まったまま。
「時間」って何だろうと考えさせるその作品は、詩的で哲学的。
しゃがんで眺めていると、次第にぼんやりとしてきて、
遠くを旅しているような気分に。
童話の中に出てくる森を散歩しているような
不思議な感覚に襲われます。

会場では、お馴染みのスターピーステラゾーや
エキスパンドメタル、ガラス、アルマイト処理をしたアルミを
使った多数の作品が出迎えてくれました。
今でも革新的で独創的、魅力に溢れています。
また、メンフィスを通して交流のあった、
ソットサスのガラスの作品「カチナ」も展示。
ユニークな姿に笑みがこぼれました。
お二人とも夢やイメージを
カタチに落とし込み、実現化するところがすばらしい。

一緒に行った大学生の姪は、ガラスのテーブルが気に入ったとの事。
子ども達は、受付でもらった
シルエットから作品を探し出すゲームに夢中。
不思議なカタチが多いせいか、苦戦していました。(^-^;
私としては、「AMORINO」が動いていなかった事が残念でしたが、
名品と一堂に会することができ充実した時を過ごしました。


P_082kuramata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »