« 金魚、やっぱり赤班病!? | トップページ | 女子美オープンキャンパス »

2011年7月19日 (火)

金魚、赤班病治療

私が行った赤班病の治療です。
いろいろ調べてみましたが、確立した治療法を
詳しく説明した記事は見つからなかったです。
以前、薬浴中に死んでしまったのがトラウマとなって、
あまり薬を使う気になれません。
でも食塩浴では完治せず、血のにじみが再発してしまったので
薬に頼らざるを得ません。
説明書に載っている24時間使用の濃度より
薄い濃度で治療することにしました。
と、言っても付属のスプーンで厳密に管理できないので
目分量で薄めの薬水を作りました。
これでは効果が無く、
逆に病気を長引かせてしまうかもしれません。
でも、まだ小さい子だし、薬負けして弱ってしまいそうです。
よく観察して慎重に治療を進めようと思います。

1日目:
規定より薄めの「エルバージュエース」+ 0.6%食塩水

2日目:徐々に薬を薄めていきます。
上記1日目の水1/3を入れ替え

3日目:
上記2日目の水1/3を入れ替え

4日目:食塩水だけにします。
水を総入れ替え後、0.3%食塩水
ヒレの赤みが消えています!
これから徐々に食塩水を薄めていきます。
どうかこのまま元気になりますように!

|

« 金魚、やっぱり赤班病!? | トップページ | 女子美オープンキャンパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/52250751

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚、赤班病治療:

« 金魚、やっぱり赤班病!? | トップページ | 女子美オープンキャンパス »