« かがり | トップページ | 3階建ての霜柱 »

2012年1月25日 (水)

タイトル金箔押し

タイトル押しが自分で出来たらいいなぁ〜と積年の夢でした。
今回、そのワークショップのお誘いがあり、
間髪を入れず、申し込みました。
実は〆切りをいくつか抱えていましたが、
こんな機会は滅多にありません。
どうにかなるでしょ。ケ・セラ・セラです。┐(´-`)┌

ワークショップは二日間。
一日目は空押し、二日目は金箔押しです。
空押しが上手に出来ていないと、
その上に載せる金箔押しもきれいに仕上がりません。
前回行った平面に押すのでさえ、
苦労の連続、失敗がてんこ盛りだったのに
今回は本の背に見立てたfaux dosに押します。
困難なことはやる前からわかっていました。

まずは直線です。
革の上をFILETSがすべってしまい、
線がうねうね曲がってしまいました〜(。>0<。)
深さや角度が一定でなければ、
美しいラインになりません。
温度や押す時間、圧力も重要ポイントです。
頭ではわかっているけど難しい〜。(@Д@;
息を止めて一回押す毎に、
はぁ〜と落胆とため息。。。( ̄○ ̄;)

こんな調子でしたが、二日目にはどうにか完成。
線が直線になっていない、活字が不揃い、~(°°;)))
深さも金の入り方もバラバラ・・・(((;°°)~
失敗点を挙げたらキリがありません。
しかしそこはやはり「金」!
金の美しい輝きが全ての失敗を覆い隠してくれました。(^-^;
昔も今も人々が魅了されるのも頷けます。
金の偉大さに改めて感嘆しました。

不器用な私に根気よくご指導して頂いたT先生、
本当にありがとうございました!


P_160title


|

« かがり | トップページ | 3階建ての霜柱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/53824712

この記事へのトラックバック一覧です: タイトル金箔押し:

« かがり | トップページ | 3階建ての霜柱 »