« 浮いちゃう金魚 | トップページ | 金環日食 »

2012年5月10日 (木)

本の修理『どうぶつのおかあさん』

絵本の修理をしました。
背表紙の天が破れてめくれてしまい、
中のボール紙の層もはがれてしまっていました。

この箇所が傷んでいる本はよく見かけます。
我が家の子どもの本棚にも何冊かあります。(p_q*)
ここに指をかけて本棚から取り出すからでしょう。
本棚に余裕があればこのような取り出し方をしても
無理がかからずよいかもしれませんが、
我が家のように隙間無くキュウキュウに詰め込んでしまうと
取り出す際に力がかかってしまいます。
まずは収納に余裕を持たせることですが、
本を取り出す際は、一旦、両側の本を押し引っ込めてから
希望の本の平を挟むようにして取り出すといいらしいです。
丁寧に扱いましょう。

さて、修理はと言うと、
簡単に考えていましたが、ちょっと手間がかかりました。
まず、層が別れてしまったボール紙をボンドで貼り合わせ、
元の一枚の状態に戻しました。
破れて折れてしまった背表紙は弱いため、
糸の撚りを戻した物をテープの役目として埋め込み、
上から和紙で覆いました。
天をくるむように背表紙を元通りに貼って、
できあがりです。(o^-^o)

一番の難題は、表紙のビニールコーティング。
ボンドでも、しばらくするとパリッとはがれてしまい、
苦慮しました。(@Д@;
子どもが手に取るものだから、清潔面、耐久性など考慮して
表面処理をしているのでしょうけれど。
紙の手触りの方がステキだし、子どもにとっても
いろいろな質感を感じるのは大事だと思うのですが。
ちょっと残念。

傷みにくい子供用の本の設計をしてみたいな。( ̄ー ̄)


P_174ehondou


|

« 浮いちゃう金魚 | トップページ | 金環日食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/54676370

この記事へのトラックバック一覧です: 本の修理『どうぶつのおかあさん』:

« 浮いちゃう金魚 | トップページ | 金環日食 »