« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

不要紙で紙漉き

近所のリサイクルプラザにて行っていた

イベントに参加しました。

不要になった紙からハガキを作るというものです。

以前、自宅で牛乳パックから

ハガキを作ったことがありますが、

事務用紙から作るのは初めてです。

材料は、水色やピンクなど色の付いた

薄めの上質紙。終了したイベントのチラシや

ミスプリントしたもののようです。

これをを細かくちぎって

水と一緒にミキサーに入れます。

どろどろになったものを

紙漉き用具の上に流し込み

水をきります。

お花や木の実の模様のペーパーナプキンを

切り抜いたかのような(?)もので

飾りつけしました。

最後にアイロンで乾かして出来上がりです。

生乾きだったので、

帰宅後、自然乾燥させましたが

重しをしていなかったため、

湾曲してしまいました~。(@_@;)

上からアイロンをあてただけなのに

「飾り」が紙にぴったりくっついて

剥がれないのが驚きでした。

自分でもやってみたいと思います。

 

 

P_191kamisuki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

花布編み

花布を編んでいます。

多色&三段編みは初めて。

どういった状態が美しく良い状態なのか理解しないまま、

またそう考える余地も無く

必死で糸をあっちにやったり、

こっちにやったり…。

で、できたぁ。けど、

模様がイメージ通りに仕上がっていません。(>_<)

しかも、きっちり編み上がっておらず

なんだか美しくない…(T_T)

花布なんて本の一部なのに、

これすらまともにできないとは…

はぁ~~~。

道はまだまだ遠い…

 

 

P_190hanagire

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

ドングリ

公園で人待ち。

ふと上に目をやると、

ドングリが目に飛び込んできました。

こんなに近くでドングリが木になっているのを

見たのは初めてかもしれません。

ドングリは下に落ちていて、拾うものでしたから。

子どもが幼い頃は、よく一緒に拾いました。

丸くて大きいもの。

細くとがっているもの。

帽子をかぶっているもの。

2、3個くっついているもの。

家に持って帰って、

やじろべえや人形を作ったり、

独楽にして遊んだり。

使わなかったものをそのまま放っておいたら、

中から太った白い虫が出てきて

親子で騒いだのも懐かしい思い出です。

もう、子ども達はドングリなんかに

見向きもしなくなっちゃって、

なんだかさみしいな。

木になっていたドングリは、

かすかに黄緑色を残していて

艶々できれいでした。

 

 

P_189donguri

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

「おとなの美術部展」報告書

私もメンバーの一員である「おとなの美術部」。

頼まれてもいませんが、

今夏開催した展示会の報告書を

勝手に作りました~。σ(^◇^;)

構造はFLAG BOOKを応用した物です。

文才が無いので、テキストは無し(笑)。

掲載した写真は、

会期中に私がスマホで撮ったもの。

報告書にまとめることを想定してなかったので

構図もアングルもテキトー。(^_^;)

使用した紙は家にあったもの。

レーザープリンター用に

薄目の紙を選んだため、ちょっと柔い出来に

なってしまいました〜。(>_<)

勢いで6冊作ってしまったので

コアメンバーに送りつけようと

思ってます。∈^0^∋

 

 

P_188flag

 

〈広げて飾ってもオーケーv〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

ヒルガオ&猫からの攻勢

秋も深まりつつある今日この頃。

紅葉や落葉の季節です。

しかーし、我庭のヒルガオ軍団の勢いは、

少しも衰えません。。。(v_v)

無駄とは思いつつも見過ごすことはできず、

芽を見つけては、手で取り除いていました。

今朝、いつも通り芽をつんでいると、

ん?なにやら臭い。。。

なんと、ゴロゴロとウンチが

転がっているではありませんか!(゜ロ)

さては、どこかの猫のしわざか!

チキショー!(-_-メ)

ステキなガーデニング生活を夢見ていましたが、

その夢は一旦、お預け。

雑草が生えるのを抑えるらしい黒いシートを

買ってきて、敷き、上に石を乗せました。

ちょっと石が足りない気がしますが、

雨が降ってきたので、また次回に。

人工的な黒いシートの上に溜まる雨を

眺めていると疑問が湧いてきました。

猫もヒルガオも悪いことしていない、

ただ生きてるだけ。

自分にとって害があると判断したら、

何をしてもいいの?

大袈裟かもしれないが、このような排除が

絶滅や戦争に繋がるのかも...

もっと心を広く、おおらかに

暮らすべきじゃないか?

でも、来て欲しくないのは正直な気持ち。

 

答えが見つからないまま、

玄関のドアを閉めました。

 

 

P_187hiruneko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

和綴じの切手入れ

急に和綴じがしたくなって、

切手入れを作りました。

透過性のある紙をポケット状にして

綴じ合わせました。

和綴じは久しぶりだったので、

まずは基本の「四ツ目」をし、

「高貴」でもう一冊作りました。

手に乗るくらいの小さくてカワイイ大きさです。

和紙の風合いがやさしくて、触れていると

身も心もほんわりとあたたかくなります。

ちょうど江戸時代の生活に関する本を

読んでいる最中だったせいか、

手作りや修理して使う事等を通して

心も豊かにする術が

もっと広まればいいのになと思いました。

 

 

P_186stamp

 

〈お世話になった方にプレゼントしました(o^-^o)〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

もち麦

最寄りの駅で時々開かれるらしい

うわさのマルシェ。

引っ越し後やっと時間が出来たので、

家族で行ってきました。

かわいい手作り雑貨や

おいしそうな食べ物が並んでいます。

子ども達は参加型のイベントに目がキラキラ☆

パーツを選んで作るブローチに挑戦しました。

子ども達がブローチ作りに専念している間、

私はプラプラとお店巡り。

途中で、試食の小さなおにぎりを頂きました。

ごはんの中に茶色いまるっこい物が混じっています。

食べてみるとプチプチもちっとしていて、

香ばしくて美味しい。

入ってのは、「もち麦」と呼ばれる物。

普通の麦と違って、粘りがあり

食物繊維も豊富とのこと。

もちろん、「買い」です(^^)

ライブやダンス、ワークショップもあり

楽しい一時でした。

また行きたいです。

 

 

P_185mugi

 

〈早速、炊いてみました(*^m^)〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

Tour of Library

知人のIさんの勤務先、アジア経済研究所

図書館に見学に行きました。

幕張の広々とした敷地に近代的な建物。

エントランスから一歩足を踏み入れると、

開放感に溢れる吹き抜けの空間広がります。

こんな所で勉強できたら気持ちよすぎて、

私だったら寝ちゃうかも。。。(^_^;)

棚には各国の書物が整然と並んでいます。

普段お目にかかれない様々な国々の雑誌や書籍。

何語かわからない記号のような文字もあります。

本の体裁からも、その国の経済や文化状況が

垣間見られ、実に興味深い。

地図の部屋では保管方法や修理済みのものを

見せていただき、勉強になりました。

最後にコミュニティースペースで

持ち帰りOKの各国の珍しい切手に大興奮\(^O^)/

途中、海の見える高層ビルのレストランにて

セレブランチ。現実逃避しちゃいました。

心もお腹も(^_^;)大満足の一日でした。

後日、写真をプリントアウトして

簡単な報告を作りました。

記念に参加者にお渡ししたいと思います。

Iさん、お世話になりありがとうございました。

 

 

P_184asiken

 

〈頂いた切手も貼りました〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

恐るべきヒルガオ達

庭に我が物顔にはびこるヒルガオ。(-.-#)

鎌で刈っても刈っても、数日すると黄緑色の芽が現れます。

他の雑草は生えなくなるのに、

どうしてこの植物だけこんなにしつこいのか?

なんとか駆除したいとネットで調べてみると、

ヒルガオは種で増えるのでは無く、地下茎で増えるらしく、

少しでも根が残っていると再び生えてくるとのこと。

通常の除草剤も効かないみたい。

撲滅は難しいらしく、皆さん大変苦労している模様。

強い除草剤はなるべく使いたくなかったし、

鎌で刈っても無駄なことがわかったので、

スコップで掘り起こして根を削除することにしました。

出るわ出るわ、太めのもやしのような白い根っこが。

土深く、石でゴロゴロした基礎部分や

ブロック塀の隙間にまで

根を張り巡らしています。(@_@;)

カケラの根も見逃さないつもりで、

目を皿のようにして根気強く根を取り除きました。

これでもう大丈夫。(*^^)v

ヒルガオの葉で黄緑一色だった庭は、きれいな土色です。

あちこち蚊にさされ、腰が痛くなりましたが、

きれいになった庭を見ると実にすがすがしい。(∩.∩)

何を植えようかと、本を眺めたり、ホームセンターの

ガーデンコーナーを訪れたりしてはうっとり。

しかし数日後の雨上がり。

なんとヒルガオの芽が顔を出しているではありませんか!

あんなに苦労したのに~。(;O;)

ヒルガオ恐るべし。

腹立たしくも、その繁殖力に感心してしまいました。

 

 

P_183hirugao

 

〈ながーく張り巡らされた地下茎〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

東洋文庫ミュージアム

開館時より「行きたい!行かなきゃ!」と思っていましたが

なかなか行けなかった、東洋文庫。

先日、本の修復の友であるMさんにチケットを頂いたので、

早速行ってきました!ヽ(´▽`)/

東洋文庫は、三菱第三代社長 岩崎久彌氏が設立した

東洋学の研究図書館。ミュージアムは、貴重書や絵画などを

展示するスペースを設け2011年10月に開館しました。

開館時のリーフレットが本の形になっており、

「日本最大級の本のミュージアム」という

触れ込みだったので、期待が高まります。

ミュージアムに足を踏み入れてまず目を奪われたのは、

実は本では無く、ガラス窓の向こうに広がる庭でした。

小雨が降っていたせいか、庭がしっとりと潤っており

緑がとても美しく見えました。

落ち着いた雰囲気は、私をゆったりした気分にさせてくれ、

本という知の大海原の船旅へ優しく押し出してくれました。

もちろん展示もすばらしかったです。

レプリカですが原寸大の江戸大絵図と

広開土王碑拓本は、迫力ありました。

そして、なんといっても二階のモリソン書庫!

天井までぎっしりと並んだ本は圧巻でした。

さまざまな背表紙を眺めるだけでも興味深いのですが、

数冊は中身を見ることが出来る展示になってます。

私が訪れた時はテーマが博物誌だったのか、

精緻に描かれた植物や鳥が美しく宝石のようでした。

企画展の「ア!教科書で見たゾ」は、

学生に戻ったようで楽しめました。

私は高校で日本史・世界史を選択していたので、

教科書や資料集に載っていた物が目の前にあり、感動しました。

科挙の最優秀合格者の答案は撮影OKだったので、

しっかりカメラに納めましたよ。

御利益あるかも。( ̄ー ̄)ニヤリ

ミュージアムショップで買い物をして、帰途に就きました。

次回はカフェでまったりしたり、六義園にも寄りたいです。

Mさん、チケットをありがとうございました。

 

 

P_182toyo

 

〈科挙の答案〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »