« 東洋文庫ミュージアム | トップページ | Tour of Library »

2012年10月10日 (水)

恐るべきヒルガオ達

庭に我が物顔にはびこるヒルガオ。(-.-#)

鎌で刈っても刈っても、数日すると黄緑色の芽が現れます。

他の雑草は生えなくなるのに、

どうしてこの植物だけこんなにしつこいのか?

なんとか駆除したいとネットで調べてみると、

ヒルガオは種で増えるのでは無く、地下茎で増えるらしく、

少しでも根が残っていると再び生えてくるとのこと。

通常の除草剤も効かないみたい。

撲滅は難しいらしく、皆さん大変苦労している模様。

強い除草剤はなるべく使いたくなかったし、

鎌で刈っても無駄なことがわかったので、

スコップで掘り起こして根を削除することにしました。

出るわ出るわ、太めのもやしのような白い根っこが。

土深く、石でゴロゴロした基礎部分や

ブロック塀の隙間にまで

根を張り巡らしています。(@_@;)

カケラの根も見逃さないつもりで、

目を皿のようにして根気強く根を取り除きました。

これでもう大丈夫。(*^^)v

ヒルガオの葉で黄緑一色だった庭は、きれいな土色です。

あちこち蚊にさされ、腰が痛くなりましたが、

きれいになった庭を見ると実にすがすがしい。(∩.∩)

何を植えようかと、本を眺めたり、ホームセンターの

ガーデンコーナーを訪れたりしてはうっとり。

しかし数日後の雨上がり。

なんとヒルガオの芽が顔を出しているではありませんか!

あんなに苦労したのに~。(;O;)

ヒルガオ恐るべし。

腹立たしくも、その繁殖力に感心してしまいました。

 

 

P_183hirugao

 

〈ながーく張り巡らされた地下茎〉

|

« 東洋文庫ミュージアム | トップページ | Tour of Library »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560310/55858566

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべきヒルガオ達:

« 東洋文庫ミュージアム | トップページ | Tour of Library »