DESIGN

2012年6月25日 (月)

CONTAX G1

カメラ用防湿庫。
ここ数年、愛機はこの中でずっと眠ったままです。
梅雨だからか、カメラのカビが気になり、
突然、シャッターを切っておこうと思い立ちました。

今はもう、ちょっとした撮影はスマホです。
その軽快さに慣れているので、
久しぶりのG1はずっしり重く感じました。
ああ、シャッターを切ると言うことは
この重さと比例することなんだ。
携帯電話でパシャパシャ何枚も撮り、
後で編集したり、何の感情も無くゴミ箱へ捨てるなんて
写真に対して失礼じゃ無いか。

改めて眺めてみると、やはり美しい。
暗がりでは、Carl Zeissのレンズにずいぶん助けられた。
よく一緒に出かけた。
旅行も行った。
自転車にカメラ用バックを取り付けた。
G1と過ごした日々は輝いていた!

「また一緒に過ごそうね。」そう語りかけ、
セーム革でやさしくなでてあげました。


P_179g1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

Enjoy! ( ) Energy.

Enjoy! ( ) Energy.
2011/10/28 - 11/28
ATELIER MUJI


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


この展示は、震災を契機に
参加者に改めてエネルギーについて考え、
自由に思い描いていただくというもの。
まず、日本だけでなく、世界中のクリエイターの方々が
その考えに共感し、参加されていることに意義を感じます。

各クリエイターの思いやアイデアが
統一のパネルに簡潔に表示され、
天井より釣り下げてあります。
浮遊感のある軽快な展示です。
モデルが併せて展示されているものもありました。

今すぐにでも実践可能なものから、
夢のようなアイデアまで様々。
個々のアイデアがうんぬんという話では無く、
いろいろな思いが一堂に会し、
大きな力となって訴えかけてくるように感じました。

ショップという一般の方々が気軽に立ち寄れる場に
展示されている事がすばらしい。
来場者の意見や思いも募って、
もっと大きなうねりとなって
世界が変わればいいなと思いました。

HOPE HUMAN ENERGY!


P_153muji


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

TOKYO DESIGNERS WEEK

TOKYO DESIGNERS WEEK
2011/11/1 - 6
明治神宮外苑前広場


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


今年でなんと、26年目らしい。
なぜかずっと行けなかった。
今回が人生初の「TOKYO DESIGNERS WEEK」です。
たまたまウェブサイトで楽しそうなイベントを見つけて
申し込んだのが、行くきっかけとなりました。
子どもと一緒に行くと入場料が安くなる
「親割」があるのもいい! (・∀・)イイ!
子どもにとってもさまざまな創造の場に触れるのは
有意義だと思い、親子で参加しました。

当日はあいにくの雨。
入場者は少ないかもと思っていましたが、
一歩会場内に入ると、人の熱気でムンムンしてました。
単に眺めるだけではない、体験型の展示もあり
子ども達も飽きることなく楽しめたようです。(o^-^o)

情報提供やスタッフの対応など、
体制に少々不満が残りましたが
総合的には行ってよかったです。
狭い年齢層や業界だけのものではない、
開かれたイベントとして
来年以降も成長していって欲しいと思います。


P_150tdw

[バッグとパスポート]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

女子美祭

女子美祭
2011/10/28 - 30
女子美術大学


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


姪がお世話になっている学校です。 
子ども向けのイベントもあると聞いていたので
子どもと一緒に行きました。 ヽ(´▽`)/

さすが都内の美大祭。 
ステージが設けられ、テントが立ち、
作品やモノがたくさん並んでいました。
女子大だけあって、ひらひらフリルワンピースや
浴衣を着たお姉さん達が会場を一層華やかにしています。
入り口近くでラブリーな格好をしたお姉さんに
風船をいただき、子ども達は一気にテンションアップ!(≧∇≦)
姪と落ち合って学内を案内してもらいました。

校舎内は教室だけで無く、
階段や廊下も上手にデコレーションされており感心しました。
子どもはワークショップ会場で「魔女帽子」と
「レインボースティック」を制作。
我が子にはハードルが高いのではと思ったのですが、
お姉さんが優しく教えてくれたので、無事完成。\(^o^)/

子ども達は疲れたようですが、工作が出来てご満悦。(*^m^)
私も姪のイキイキした様子を見られて安心しました。


P_149jyoshibisai

[レインボースティックと魔女帽子]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

stelton バキュームジャグ

デンマークのステルトン社のサービングジャグを使ってます。
昔から変わらないデザイン。
いろいろなカラーがありますが、我が家のは赤。
フォルムがなんとなく鳥のようなので、
子どもに「ペンギン」と呼ばれています。 ( ̄▽ ̄)

季節の変わり目なので、解体してお掃除しました。
「目」のボタン部分を外から内に向かって押すと外れますが、
結構固いのと、内部のプラスチック成形にバリが出ていて
当たって痛いのとで、実は苦手。 ( ̄◆ ̄;)
中の魔法瓶の部分はガラスの真空二重構造なのかな?
落として割ってしまいそうなので、取扱いには緊張します。

秋冬に向けて、今度は暖かい飲み物を入れます。


P_142stelton

[乾燥中]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

カレーはFisslerの鍋で

フィスラー社の鍋を愛してます! c(>ω<)ゞ
なんてったって、美しい。 ( ̄▽ ̄)
かなり前に購入したこのモデル、
私の記憶に間違いなければ、
デザインはあのfrog designですよ!
使用中もうっとり眺めてしまいますが、
こんな美しい鍋で調理をしている私ってステキ!
と自己陶酔。 (* ̄ー ̄*)
そして、この鍋を使うとなんだかおいしくなる気がします。

煮込み料理は、この鍋かル・クルーゼを使います。
肉じゃがやシチューはル・クルーゼの方が多いかな。
しかし、なぜかカレーは絶対フィスラーと決めてます!

今でこそ手を抜いてますが、
昔はカレー作りにこだわっていました。
とは言っても、市販のルウを使いますが。 (^-^;
まず、みじん切りしたニンニクとショウガを炒めて香りを出し、
タマネギを飴色になるまでじっくり炒めます。
お肉は2種類ぐらいをミックスし、
カレーパウダーで炒めてました。
庭で栽培していたハーブと、家にあるありとあらゆる香辛料を
オリジナル・ガラムマサラにして投入。
さらに、隠し味として、チョコレートやインスタントコーヒー、
りんご、ヨーグルト、生クリームなど適当に加えます。
ジャムおじさんよろしく「おいしくな~れ」と念じて、
時々木しゃもじで混ぜながらコトコト煮込みます。
「一晩おくとおいしくなる」を信じているので、
作った日はぐっとがまん。
翌朝からまた煮込み開始。食べるのはその夜です。

他人が食べても「おいしい~」と言ってくれるのは
決してお世辞ではないはず。
おいしさにはこの鍋も貢献してくれていたと思います。
美しい上に、料理もおいしくしてくれるなんて
魔法のような鍋です。 (≧m≦)


P_134fissler

[おいしいから、たっぷり作るのだ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

モノの記憶を手繰って 1

モノの記憶を手繰って 1
2011/8/26 - 9/19
デザインギャラリー1953


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


松屋銀座デザインコレクション改装に伴った
記念展覧会の第一回目です。
当初、コレクション会場に行くついでにといった
軽い気持ちだったのですが、いざ行ってみると、
どのメンバーの方もおもしろかったです!

展示内容は、デザインコミッティーのメンバーが
幼少期からの記憶の中で心に深く刻まれたモノを選び、
展示するというもの。現在のご活躍もわかるような
展示になっており、その対比も興味深かったです。

私の両親は自営で、眼鏡の部品を製造していました。
それで、同じく自営業のご両親を持ち、
仕事場が遊び場だった方に共感しました。
また、石のコレクションの展示を見た時には
私も集めており、今でも持っているため、
急に親しみが湧きました。
私にとっては雲の上の存在、
作品や誌面でしか存じ上げていなかった方々の
原風景に一緒に降り立ったかのようで不思議な時間でした。

私も幼い頃から今までの記憶を手繰って、
「モノ」を選び、「コト」を振り返ってみようと思います。
単に懐かしいだけでなく、新しい発見があるかもしれません。

展覧会の二回目、三回目も楽しみにしています。


P_133matuya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

2011 ADC展

2011 ADC展
2011/7/4 - 28
ggg G8


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


会場は2カ所に分かれていますが、私はgggのみ行きました。
実はあまり広告寄りのものは好きじゃないので、
ADC展を見るのは初めてかもしれません。
TVや雑誌で見たことのあるものが並ぶ中、
「とらや」さんのカレンダーがよかったです。
上部に暦、下部に菓子見本帳の図案を載せています。
その絵の雰囲気がなんともいえないのです。
やわらかく包み込むような感じ、
彩色も美しく、趣深い。
形や図案の意味を知りたくなります。
カレンダー全体としては老舗の風格があり
品良くまとまっていました。
日本っていいですね! (o^-^o)


P_121adc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011
2011/7/16 - 18
3331 Arts Chiyoda


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


最終日の18日に行きました。
3331 Arts Chiyodaへは初めて行きます。(゚▽゚*)
webによると、ここは旧中学校を改修して誕生したもので、
様々なアーティストやクリエイターが
自由に表現を発信する場だそうです。

台風が近づいていたため、空には重い雲が垂れ込めています。
何もしなくても汗がじとっと滲み出てくるほど蒸し暑い。
方向音痴の私は、道に迷いながらやっと施設に到着しました。
エントランス前には芝生の広場が広がり、
所々に大きな木が立っています。
生ぬるいながらも風も吹き抜け、なんだかいいかんじ!

しかし、一歩会場に入ると、人、人、人~っ!!!
人の熱気がすごい! (@Д@;
節電のせいかエアコンがあまり効いておらず、
さらに汗が噴き出てきます。
各ブースの前には人垣が出来ているので、
私は遠巻きに眺めていました。
あまりに息苦しかったので、ブックフェアの会場はそこそこに
違う階へ移動。

どのフロアーもショップだったり、ギャラリーだったり
小さいながらもたくさんのスペースが集まっています。
その中のひとつ「はんだづけカフェ」と言う楽しげなところで
子ども向けのワークショップを行っていました。
「こどもプログラミングサークル スクラッチ」さんが
行っている活動みたいです。
どうやら基盤にいろいろなスイッチをハンダ付けし、
ノートパソコンで動作チェックをしている模様。
うぉ~、楽しそう!!! ヽ(´▽`)/
私もしたいっ!けど、予約制。しかも対象は子ども・・・
涙を飲んで会場を後にしました。 (u_u。)

ブックフェアはほとんど見られませんでしたが、
魅力的な場とユニークな活動を知ることができて良かったです。
帰りは雨がポツポツ降ってきましたが、
足取りは軽かったです。


P_120artbook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

女子美オープンキャンパス

女子美術大学(杉並キャンパス)の
オープンキャンパスに行きました。ヽ(´▽`)/
姪がお世話になっています。
受付ではお茶をいただきました。
かなり蒸し暑い中、駅から歩いて来たので
有り難かったです。

学内を巡りながら、
活版印刷やシルクスクリーン印刷の体験をしたり
大学の説明を聞いたり
気分はすっかり受験生?!(^-^;
受付でいただいたランチチケットで
学食もおいしく賞味しました。

設備も体勢もしっかりしていて安心しました。
姪も毎日が楽しそうです。
私も入学したくなりました~ ( ̄▽ ̄)


P_119zyosibi_2

[体験したシルクのエコバックと活版のキーチェーン]
 女子っぽくてカワイイ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)